活動レポート

IMG_2387

北新宿・百人町交差点

4.15(水)
今朝は、北新宿・百人町交差点で
ご挨拶をさせて頂きました。
街頭のごあいさつでは、不法投
棄対策についてご報告をさせて
頂きました。

不法投棄の対策のためのカメラ
設置が平成27年度の予算で決
定し、悪質な不法投棄に対して、
防犯カメラを設置できるように
なりました。

悪質な不法投棄に対しては、
これからも断固として
闘ってまいります

本日はお車からのご声援など、
大勢の方にお声をかけていただきました
また地元の知人が通りがかったので
一緒に写真を撮らせていただきました

IMG_2383

西新宿駅!

4.14(火)
本日も西新宿駅前にて
朝のご挨拶をさせて頂きました

今朝は一時的に雨が止みましたが
結局、一日雨となりました

やはり雨が降ると冷えますので
本日もヒートテックは卒業できま
せんでした。

今日の東日本の天気は日差しが
届いても、突然の雷雨やヒョウ、
突風、竜巻の恐れがあるとの予報
です。

積乱雲や急に空気がヒンヤリ
したときは天候急変に注意をして
ください。

皆様、体調などを崩されませんよう
くれぐれもご自愛ください

im

認知症戦略世界モデルに!

4.13(月)
先般おこなわれた衆院予算委員会では、
社会保障などをテーマに集中審議を行い、
公明党の古屋範子副代表が政府が1月に
策定した認知症施策推進総合戦略(新オ
レンジプラン)について質問しました。

中でも、世界最速で高齢化が進む日本の
認知症国家戦力は、世界が注目している
と指摘し、同プランに基づく数値目標を
聞くとともに、認知症患者の不安や妄想
といった行動・心理症状を出現、悪化さ
せないためにも、訪問診療の普及で入院
・入所を前提としない体制も必要だと主
張しました。

その結果、安倍首相は認知症について、
「(本人、配偶者、両親など)誰もが関
わる可能性がある身近な病気であり、世
界のモデルとなる取り組みを進めていく
必要がある」と述べ、認知症介護者を支
援する初期集中支援チームを、18年度
までに全市町村に設置することをはじめ
17年度までに認知症サポーターを80
0万人養成するなど、根本治療薬につい
ても、20年の治験開始をめざすとの方
針を示しました。

FullSizeRender (141)

新宿区立小学校の通学路に防犯カメラが設置

4月12日(日)
平成27年度から平成30年度の3年間
で、全区立小学校(29校)の通学路に
防犯カメラを設置します。

設置の基本方針として、四つのポイント
をあげています。

〇区立小学校の通学路にある電柱を中心
に、1校につき5台程度防犯カメラを設
置します。

〇児童に等しく安心を与える観点から、
通学する児童がいずれかの通学路防犯
カメラに映る場所を基本的な設置場所
とします。

〇町会や商店会などが管理している防
犯カメラの設置状況を踏まえ、効果的
・効率的に設置します。

〇設置場所はPTAの意見及び警察署の
助言を踏まえて小学校が選定し、教育
委員会にて決定します。

このように、子どもたちの安全が守ら
れるような施策が通りました。これか
らも、安全な街・新宿を目指して取り
組んで行きます。

B-ol

第2回「介護・高齢化対応度」調査が発表

4月11日(土)
この度、日本経済新聞社産業地域研究所
が全国市区を対象に第2回「介護・高齢
化対応度」調査が実施されました。

調査結果によると、東京・板橋区、栃木
・小山市に続き新宿区が第3位に選ばれ
ました。これは調査結果に点数をつけて
ランキンク化、高齢化対策に関する自治
体の総合力を検証したものです。

今回の結果はこれまで新宿区が「高齢者
総合相談センター」の充実など、一つ一
つの課題に先進的に取り組んできたこと
への一定の評価を得たものと考えられま
す。

新宿区議会公明党は今後も区民の高齢者
の方々から寄せられたアンケート調査の
結果でも「いつまでも住み慣れた街で暮
らしたい」とのご要望に応えるべく介護
と医療と地域が相互に連携を取り合う、
「地域包括ケアシステム」の構築に全力
で取り組んでいきます。

IMG_2362

危険ドラッグ撲滅キャンペーンのイベントが開催

4月10日(金)
本日は危険ドラッグ撲滅キャンペーンの
イベントが新宿区のハイジアで開催され
ました。

イベントでは、吉住区長、区議会議長な
どが参加して、危険ドラッグの危険性を
訴えました。

新宿区では、本年4月1日から撲滅条例
が施行されました。この条例の特徴は、
「売らせない」「持たない」「買わない」
「もらわない」「使わない」との基本理
念を掲げています。

具体的には、危険薬物撲滅特定地区と危
険薬物撲滅活動協力員の指定を行い、区
と協力して撲滅活動を推進していきます。
また建物の提供者の責務・建物区分所有
者の責務などの規定を整備しました

現状、危険ドラッグは、販売価格も安
く入手しやすいことから、低年齢化し
ていることも大きな課題です。こうし
たことから、今回の条例制定が行われ
ました。今後も、この問題には区をあ
げて取り組んで行きます。

FullSizeRender (139)

こどもマニフェストが好評!

4.9(木)
2日から党ホームページに掲載している
「こども・子育てマニフェスト―統一
地方選挙へ公明党のやくそく」【写真】
が「党の政策がよく分かる」と好評です

「こども・子育てマニフェスト」は
2012年の衆院選以来、党として国政選挙
の際に公表してきたもので統一地方選挙
では初めてつくられました。児童・生徒
にも分かりやすい言葉を使って全ての漢
字に読みがなも振っています。

今回のマニフェストでは(1)生活・福祉
(2)子育て支援(3)学校生活・教育(4)
地方創生(5)支え合う社会(6)仕事・
経済(7)安心・安全な地域の7テーマごと
に、主な政策を明記。

HPでは「35人学級」や消費税の引き上げ
をめぐり「『軽減税率』を取り入れるこ
とをめざしています」などを紹介。

新宿区は先駆的に様々進んでいる自治体
ですので既におこなっている施策もあり
ますが一度ご家族でご覧頂ければ幸いで

こどもマニュフェスト

https://www.komei.or.jp/campaign/local2015/kodomo-manifest/

FullSizeRender (137)

柏木子ども園・入園式!

4.8(水)
本日は私の二人の息子もお世話になった
柏木子ども園の入園式に伺いました

この度の新入園児は
0歳児(ひよこ組)14名
1歳児(りす組)3名
2歳児(うさぎ組)2名
4歳児(ぞう組)8名
5歳児(らいおん組)1名
計28名の児童の入園となりました

早朝のみぞれといい
今朝は冬に逆戻りの天気の中
子ども達と保護者の皆さんは元気に
入園式を迎えました

式ではひよこ組かららいおん組までの
紹介があり、みんな元気に返事が
できました

柏木子ども園は平成23年に子ども園化を
してから早いもので4年目となります
今後も地域の子ども達がより良い環境で
過ごせるように尽力してまいります
本日は誠におめでとうございました

FullSizeRender (135)

西新宿中学校・入学式!

4.7(火)
本日は西新宿中学校の入学式に
来賓として出席させて頂きました

27年度の入学生は男子34名女子26名
計60名となりました

会場となった体育館に入場した真新
しい制服を着た新入生は、みんなが
ハツラツとした笑顔でした。

元気いっぱいに豊富を語った新入生
の代表の姿からは、これから始まる
中学生活の中で、どんなことにも挑
戦し大いに成長していきたい、との
思いが伝わってきました。

新たなスタートを切った生徒達に
私も心からエールを送らせて
頂きました

FullSizeRender (131)

柏木小学校・入学式!

4.6(月)
本日は柏木小学校の入学式に
来賓として出席させて頂きました

今年の新入生は男子33名女子21名
の計54名が柏木小に入学しました

入学式では、新入生の子どもたち
全員の名前が紹介されました。
一人ひとり、大きな声で元気いっ
ぱいに返事をしていました。

未来を担う子どもたちの姿に
たくましさを感じました。

また、在校生の代表として参加
していた6年生の児童たちも
お兄さんお姉さんのようにしっか
りした姿で新入生を出迎えていま
した。

子どもたちの今後の成長に大いに
期待を感じました。

0305_3_

スポーツ庁・設置に向けて!

4.5(日)
2020年の東京五輪・パラリンピック開催
を契機に国のスポーツ施策を総合的に
推進する「スポーツ庁」設置に向けて
具体的な検討が進んでいます。政府は
2月20日スポーツ庁設置を盛り込んだ
文部科学省設置法の改正案を閣議決定。
通常国会での成立をめざし今年10月に
は文科省の外局として120人規模で発足
させる見通しです。

スポーツ庁設置の狙いは「複数の省庁に
またがりバラバラだったスポーツ施策を
一体的に推進すること」学校体育振興や
国際競技力向上などを担っている同省
スポーツ・青少年局の機能を移行し各省の
関係部門を統合。「スポーツ健康推進課」
や「競技力向上課」時限的な「オリンピ
ック・パラリンピック課」など5課を新設
する。また有識者が政策方針を検討する
「スポーツ審議会」も設置する方針です

スポーツ庁設置は公明党が06年の重点政
策に掲げて以来、文科省への申し入れや
国会質問を通して一貫して主張。同庁の
設置検討を盛り込んだスポーツ基本法成
立も推進してきました。

5年後の東京オリンピックのメーン会場を
有する新宿区の議員として、今後もスポ
ーツ振興に全力で取り組んでまいります

IMG_2342

北新宿蜀山町会・桜まつり!

4.4(土)
本日は新宿池田文化会館にて
毎年恒例となりました
北新宿蜀町会さんの桜まつりが
おこなわれました

早朝の雨で開始時は
肌寒い陽気ではありましたが
大勢の方が参加してくれました

桜まつりではお餅つきを
おこなうのが恒例で
本日は14臼のお餅が振舞われました
子ども達も楽しそうにお餅つきに
参加し大喜びでした

さらに輪投げやお菓子釣りと
大盛況の桜まつりとなりました

西新宿6丁目で朝のご挨拶

4月3日(金)
西新宿6丁目で朝のご挨拶を
させて頂きました

000090703

新宿中央公園のドッグラン設置に向けて!

4.3(金)
本日は私が議会で何度か質問してきた
新宿中央公園の一角を利用した
ドッグラン設置について投稿します

厚生労働省の調査及びペットフード協会
の全国調査から導かれる犬の推定登録率
は50%です。そして区内の犬の登録数は
約1万頭ですから推定登録率で算出すると
およそ2万頭が飼育されているものと思わ
れます。

その様な状況下の中でエボラ出血熱より
死亡率の高い狂犬病の予防接種数は犬の
登録数の半分であり接種率は年々低下し
ています。(新宿区は23区中20位)

今後は飼育の仕方やマナーしつけ教室の
開催。人間と動物の共生社会のあり方に
ついて知見の得られるようなシンポジウ
ムの開催。盲導犬・聴導犬警察犬・災害救
助犬の実演。子犬や子猫の譲渡会や動物
飼育健康相談コーナーの設置など、
区民の皆様から様々なアイデアを募り
新宿らしい恒例イベントが開催できる
ような場所があればと考えます

ドッグランについては犬を飼っている
区民の皆さんから施設を強く求められ
ていますが、様々な皆様の声をお聞き
しながら慎重に進めて参ります

FullSizeRender (140)

小規模保育に公的保険適用

4.2(木)
子どもが学校や幼稚園・保育所でケガや
病気をした際に公的に補償をする
(独)日本スポーツ振興センターの災害
共済給付制度が、これまで認められて
いなかった小規模な保育施設を対象に
加える法律の改正案が31日参院本会議
で全会一致で可決、成立し1日から施行
されました。

災害共済給付は、保育所や幼稚園、小・
中・高校などの児童・生徒が加入。
学校管理下でケガや病気をした際に、
医療費や障害見舞金、死亡見舞金(最大
2800万円)が支給され掛け金は保育所の
場合1人当たり年間350円(沖縄は175円)
民間の保険もあるが乳幼児突然死症候群
が対象外など補償範囲は限られ不十分と
の指摘があった。日本スポーツ振興セン
ターが把握している2013年度に保育所で
発生した負傷・疾病の発生件数は、
4万1175件となっています。

災害共済給付の対象拡大については昨年
2月公明党次世代育成支援推進本部古屋
範子副代表が子ども・子育て支援新制度
を進めるに当たり全国小規模保育協議会
の駒崎弘樹理事長と意見交換。理事長か
らは小規模保育などに通う子どもの無保
険化を防ぎ保育の質を確保する観点から
同制度に加入できるようにするべきだと
要請を受けていました。

駒崎理事長からは「公的保険は民間保険
ではカバーできなかった乳幼児突然死症
候群にも対応し積極的に動いてくれた
公明党には感謝しています。」
とのコメントがありました